除湿器の選び方 - 空気清浄機・加湿器・除湿機・オゾン発生器レンタル専門店

各除湿方式のメリット・デメリット

除湿器を選ぶときに、ぜひ知っておきたいのが除湿方式による違いです。各方式にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

一般的な除湿方式としては、「コンプレッサー方式」・「デシカント(ゼオライト)方式」と「ハイブリット式」があります。

それぞれの特長とメリット・デメリットを簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

  • 方式名

    除湿方法

    メリット

    デメリット

  • コンプレッサー方式

    空気を冷やして水分を追出す

    高温(25℃以上)時の除湿力が強い

    消費電力が小さく電気代が安い

    室温上昇が少ない(1~2℃程度)

    コンプレッサーがあるため、振動音が大きい

    本体サイズが大きめでやや重い

  • デシカント方式

    水分の吸着性能に優れたゼオライト(乾燥材)に水分を吸着させる

    低温時での除湿力が大きく冬場でも使用できる

    軽量コンパクト

    運転音が静か

    ヒーターを使う分商品電力が大きく、電気代が高い

    発熱量が多く部屋の温度が上がる(3~8℃程度)

  • ハイブリッド方式

    コンプレッサー方式とデシカント方式を融合

    一年通して安定した除湿ができる

    夏用、冬用など考える必要がない

    本体が大きく重い

    デシカント方式での稼働は電気代が高くなる

    コンプレッサー方式での稼働は振動音がする

使用する季節を想定して適した除湿方式を選択

季節によって適した「除湿方式」が異なりますので、除湿器をいつ使いたいのかを想定してお選びください。

冬~春に使用する場合、デシカント方式かハイブリット方式での対応も十分できます。

しかし、除湿器の出番はやっぱり梅雨~夏がメインですので、コンプレッサー方式の除湿器を一番おすすめします。コンプレッサー方式は、気温が高い時に除湿能力が高く、室温があまり上がらないからです。

除湿器の除湿能力・水タンクの容量を知る

除湿能力は1日に除湿できる水量を表し、数値が大きいほど速く除湿ができます。できるだけ素早く除湿をしたい場合、適用床面積に関わらず大きい数値を選ぶ方が良いでしょう。

しかし、除湿能力が高くても、取り除いた水を貯めるタンクが小さければ自動停止してしまい、せっかくの除湿能力が生かせません。

また、タンクの水を捨てる回数も増え、手間がかかってしまう場合もあります。 レンタルする前に、除湿器の水タンクの容量や連続排水可能かも合わせてチェックしてください。

使い勝手をよくする機能

他には除菌・脱臭できるか、タイマーが付いているか、衣類乾燥時ルーバーの角度調整など様々の便利機能が搭載されているか、レンタルする前にぜひ確認してみてください。

笑顔をつなぐレンタル
上州物産

お客様はもちろん、
そのお客様まで笑顔にできますように。

当店は、たくさんの商品をレンタルしている
総合レンタル店とは違い、

深い専門知識とこだわりを持った商品のみを
レンタルしています。

対応スタッフはベテランが多く、
日々の業務で商品知識を
実地で身につけています。

レンタル商品は
当然台数に限りがございますので、
予約は先着順になっております。

大好評にて予約殺到中。

予約は5ヵ月前からできますので、お早めに!

群馬県前橋市から全国にレンタル商品をお届けしています。
レンタルされたお客様からいただく「ありがとう」などの喜びの声に
支えられてがんばっています!!

笑顔をつなぐレンタル 上州物産スタッフ一同

15時までのご注文で、在庫があれば即日発送可能です。

レンタル日まで一週間きっている場合は最初にお電話にて、ご連絡ください。

予約は先着順です。大好評にて予約殺到中。

毎年キャンセル待ちになってしまって、

大変残念な思いをしてしまう
お客様が必ずいらっしゃいます。

ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

お電話の前に必ずこちらをクリックしてください。

ご予約・お見積依頼・お問合せはお電話でも承ります

↓こちらを押すとお電話できます↓

通話料無料 携帯・PHS可

フリーダイヤル画像0120-65-7181 フリーダイヤル画像0120-65-7181

通話料無料

携帯・PHS可

受付時間:9時30分~17時
休日:日祝休・季節により土曜休有・夏期/冬期休暇有

無料 見積依頼フォーム

ページの

1番上へ